北海道信用金庫健康保険組合

北海道信用金庫健康保険組合

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

特定健診・特定保健指導

40歳から74歳までのすべての被保険者および被扶養者に対して、特定健康診査(特定健診)が実施されています。特定健診とは、メタボリックシンドロームの該当者および予備群を減少させるための特定保健指導を必要とする人を抽出するために行うものです。

特定健診

健診者の範囲

40歳以上74歳以下の被保険者および被扶養者(年度内に到達する者を含む)

実施時期

4月~翌年2月

健診項目

特定健診検査項目はこちら(159KB)

受診方法

  • 被保険者
    労働安全衛生法に基づく定期健康診断を受診した場合は、特定健診を受診したものとする。
  • 被扶養者
    • (1)事業主が行う職員の定期健康診断の際に受診する。
    • (2)道内5カ所で開催する健診会場で受診する(札幌、函館、旭川、北見、帯広)。
    • (3)集合契約機関で受診する。

費用の補助

特定保健指導

実施時期

4月~翌年3月

実施方法

医師、保健師等が面接または文書、電話等を利用し実施します。

費用

健保組合が負担します。

実施計画

「第2期特定健康診査等実施計画」はこちら(116KB)

ページ先頭へ戻る